Tieto Corp.のビーコンソリューションが知的財産をオフィスにもたらした

Quuppaが提供するこのシステムは、売上と生産性を高め、その作業スペースの使用方法を理解し、自動的に部屋の利用を可能にするのに役立っています。
著者 Edson Perin
Feb 13, 2018

フィンランドのITソリューション企業であるTieto Corp.は、自社の施設で展開しているインテリジェントビルのソリューションを販売しています( Tieto Corp. Quuppa の技術に基づいています。ヘルシンキの本社にソリューションをインストールしてから、会社は生産性と売上を増やしながら労働者の健康を改善することができました。

ビルインテリジェンスシステムは、企業が従業員や訪問者がどこで流通しているか、施設がどのように使用されているか、建物やキャンパスやその内部の業務をよりよく管理する方法を知ることを可能にします。現在、建設会社の Skanska フィンランド国立保健福祉機関と運送代理店Metropolia.

Tomi Teikko
Tietoは世界中の企業にITおよびエンジニアリングサービスを提供しています。そのほとんどの顧客は北欧諸国にあります。同社は13,000人の労働者を雇用しており、石油、ガス、林業、保健、公共セクターなどの分野で50年の経験を持っています。過去18ヶ月間、Tietoは、新しいインターネット・オブ・ソー(IoT)ベースのITサービスと自動データ収集システムを開発、テスト、導入してきたと同氏のインテリジェントな建設ディレクターのTomi Teikkoは述べています。 MyOfficeと呼ばれる最初のTietoビルインテリジェンスシステムは、今年いくつかの企業によって導入されました。

MyOfficeは、Tietoのクラウドベースのソフトウェア、モバイルアプリケーション、Quuppaロケータ、これらのロケータにデータを送信するためのタグ、机や他の特定の場所にいる個人の存在を検出する赤外線センサで構成されています。同社の報告書によると、リアルタイム性と歴史性の両面において、企業がそのスペースをどのように利用しているのかを理解することが目標です。このようにして、従業員はいつでも同僚がどこに位置しているか、どの会議室が占有されているのか、どのエリアにメンテナンスが必要なのかを判断できます。管理者は、スペースがどのように使用されているか、どのようにスペースをより効率的にすることができるかについてもっと理解することができます。

自宅でMyOfficeのインストールを開始しました。昨年、ノキアが占拠していたサイトでヘルシンキの施設を購入し、建物周辺の個人の動きを追跡するためのMyOfficeシステムをインストールしました。 Teikko氏は、「臨機応変な作業をサポートするために、より柔軟で現代的な方法で人々が働くのを助けることでした」と全般的な目標は説明しています。

インストールのために、会社は建物の周りに500人のQuuppaロケータを配置しました。これにより、会社は個人の位置を数メートル以内に特定することができます。従業員と訪問者はすべてLD6Tタグを使用し、一部のQuuppaアセットタグは従業員の自転車などのアイテムに添付されています。スタッフの80%はバッジを着用しています(その使用は任意です)、合計約1,600人の労働者です。

天井に設置されたQuuppaのLD6Lロケータは、オフィスエリア周辺のカバレッジを提供します。屋根の高さが12メートル(39.4フィート)を超える部屋での屋外使用または設置用に設計された同社のLD7Lロケータは、帝都の大きなアトリウムなどの壁に横に取り付けることができます。

RFIDジャーナルイベント
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2018 Emerald Expositions, LLC. All Rights Reserved. Terms of Use | Privacy Policy
搭載: Haycco