ビデオはRFIDにとって脅威ですか?

Amazon Goはビデオを使用していますが、これはRFIDを扱う大きな可能性を秘めていますが、この技術が無線周波数識別に取って代わることはできません。
著者 Mark Roberti
Feb 11, 2018

1月21日、ニューヨークタイムズ紙は、「Inside Amazon Go、Future of Store」という記事を出版しました。 1,800平方フィートのコンビニエンスストアが公開されました(これまではAmazonの従業員のみが利用可能でした)。 タイムズの記者は次のように書いています。「顧客が商品を棚に置くたびに、商品は自動的にオンラインアカウントのショッピングカートに入れられます。 "

これはどのように可能ですか?この記事では、「これを可能にする技術の唯一の兆候は、店頭に浮かぶ小さな桁のカメラの配列であり、店舗全体で何百ものものがあります」Amazonはシステムの仕組みについて、翻訳:Amazonの技術は、スープやトレイルミックスの缶のすべてに特別なチップを付けずに、店内のすべてのアイテムを確認して識別することができます。

このシステムは、買い物客の携帯電話でBluetoothに接続されているようです。顧客は特別なAmazon Goアプリを使用して店舗をチェックインします。ショッピングカートに商品をデジタルで追加する唯一の方法は、顧客が拾い上げたもの(カメラのオーバーヘッドによって認識されるもの)を棚の前に立っている人物とリンクさせるための位置特定技術を使用することです。

これは確かにアマゾンの大きな業績であり、小売業では革命的であると証明できるものです。しかし、私はこの技術が小売でRFIDを置き換えることはないと考えています。むしろ、2つは相補的になるでしょう。

Amazon Goシステムについては、私たちが答えを知らないだけの多くの質問があります。例えば、ビデオ技術はどれくらいの費用がかかりますか?タイムズの記事の写真を見てください。天井には非常に多くのハードウェアがあります。時間がたつにつれて技術は向上し、必要なカメラは少なくなると思いますが、コストはいくらですか?

また、新しい店舗ごとにシステムを構成することがどれほど難しいかもわかりません。あなたは天井にカメラを投げて、彼らの写真を自分のメモリーバンクにアップロードした写真と比較させることができますか?あるいは、機械学習システムを製品のことを教え、店で頻繁に起こる混乱をどのように処理するのに時間がかかりますか?これは特に、消費者が棚を混乱させるホリデーシーズンの周りの問題です。

RFIDジャーナルイベント
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2018 Emerald Expositions, LLC. All Rights Reserved. Terms of Use | Privacy Policy
搭載: Haycco