高齢者にセキュリティをもたらすBLEとRFIDシステムを目指す

ElpasのLoneProtectタグは、Bluetooth Low Energyを介してユーザのスマートフォンにデータを転送し、RFIDを介してバックエンドサーバに転送することで、高齢者は自分の移動や事故をケア施設や愛する人が管理できるようになります。
著者 Claire Swedberg

この技術は、アクセス制御システムとしても使用できます。 クラウドベースまたはローカルサーバ上に常駐できるElpas 'Eirisアラーム管理およびトラッキングソフトウェアは、タグのID番号を識別し、その特定のIDにリンクしている患者が退出することが許可されていることを確認します。 そうであれば、フロントドアロックはその人のために自動的に解放される。

しかし、Elpasやシニアケア施設や退職施設では、屋外での人々の動きを監視するというもう一つの課題があります。 今年は、高齢者に建物外の移動の自由を提供し、必要なときに助けを求めることができるLoneProtectアプリとタグを開発しました。

Securitec One's Terry Mack
LoneProtectタグは、人の首の周りに装着できるペンダントですが、今後も改ざんされたリストバンドをリリースする予定です。 Eirisソフトウェアには、ペンダントにコード化された一意のID番号とともに、ユーザーの個人情報(名前、写真、医療要件など)を保存することができます。

タグには、BLEラジオ、アクティブな433 MHzタグ、125 KHz LF RFIDチップ、アンテナ、バッテリが付属しています。また、個人が倒れているかどうかを識別する加速度センサーを備えています。このタグには、プルダウンコードと、2つのボタン(両側に1つずつ)があり、ユーザーが緊急事態を知らせることができます。

LoneProtectアプリケーションのユーザーは、Androidベースの携帯電話またはタブレットを持ちます(iOSバージョンのアプリケーションは、今後利用可能になります)。ペンダントのタグは、LoneProtectアプリを実行している間に、Bluetooth接続を介してその電話機とペアになっています。電話機は、Bluetooth接続を介してペンダントのIDを受信し、GPRSを介してソフトウェアと通信し、送信データを電話機のGPSベースのロケーションとリンクさせる。

個人が施設内にいる間、タグは出入口などの出口付近に設置されたLF RFIDエキサイターからの送信を受信できます。その後、433MHzのRFIDリーダを介してエキサイタIDをソフトウェアに送信し、BLEを介して個人の電話機またはタブレットに送信します。

RFIDジャーナルイベント
Live Events Virtual Events Webinars
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2018 Emerald Expositions, LLC. All Rights Reserved. Terms of Use | Privacy Policy
搭載: Haycco