今年で11年目を迎えるRFID Journalアワードの最終候補が決定

RFID Journalより、同社主催の2017年度アワードの最終候補者が発表された。受賞者はアリゾナ州フェニックスで5月9-11日に開催される今年のLIVE!イベントで発表される予定。
著者 RFID Journal
Apr 20, 2017

RFID Journalは、同社の主催する2017 RFID Journalアワードの最終候補者を発表した。受賞者は、同社の主催でアリゾナ州のフェニックス・コンベンションセンターでこの5月9-11日に開催され、今年で15回目を迎えるRFID Journal LIVE! 2017カンファレンス&エキシビションで発表される。エンドユーザーのカテゴリーの最終候補者は全員、このイベントでスピーチをすることになっており、受賞者ならびにエンドユーザー最終候補者には、名誉あるクリスタル賞が贈られる。

「RFID技術の進展に伴い、年ごとにより多くの領域にプロジェクトが広がりを見せています」とRFID Journalの創設者で編集長を務めるマーク・ロベルティは語る。「多くの実例で、基幹となる重要なアプリケーションにこの技術は使われており、すばらしい成果を上げています。LIVE! 2017にお集まりの皆様は、こうした導入例を直接耳にし、今年の選りすぐりの製品を目にすることができるのです。」

エンドユーザー企業からは5つの部門別に候補が選出された。

最優秀RFID導入賞 リテール部門
• ルルレモン (Lululemon) RFIDを利用して、リアルタイムでの商品補充に際し店頭で店舗内在庫品を適切に表示できるようにし、また店舗内在庫をリアルタイムで正確に把握するための基礎作りをしていつでも買い物客の要求に応えられるようにしたこと (RFIDを利用してLululemonの在庫調査の精度が98%に上昇参照)
• テグ (Tegu) RFIDを利用して受託品在庫管理戦略を可能にし、商品棚により多くのスペースを確保して売り上げ増に繋げたこと (Teguがスマート機器を利用して販売を促進参照)
• テスコ (Tesco) RFIDを利用して店頭の商品常備率を向上し、店員がより顧客対応に専念できるようにしたこと (Tescoが5店舗でF&F衣料品のトラッキング用にタグ読み取りロボットを導入参照)。

最優秀RFID導入賞 製造業部門
• ヘレウス・ノーブルライト・アメリカ (Heraeus Noblelight America) 紫外線硬化装置用の電球内にRFIDを利用し、電球の識別と認証ならびに保証の確認を可能にしたこと
• 本田技研 RFIDを利用して修正工程のため工場内部および戸外の敷地に置かれた車両の進捗と所在地を可視化したこと
• HPブラジル (HP Brazil) RFIDデータを解析し工場運営をより深く正確に把握するために自社開発したIoTソフトウェアの利用 (HPブラジルがRFIDプラットフォームを用いて製造工程と物流をトラッキング参照)

最優秀RFID導入賞 医療部門
• クック・メディカル・コリア (Cook Medical Korea) RFIDを利用して国内全域の医療用機器の在庫とその出荷をトラッキングしたこと
• DIA建設 (DIA Construction) 更地への病院建設に際しRFIDを利用して、20万点のアセットのトラッキングをしたこと
• スローン=ケタリング記念癌センター(Memorial Sloan Kettering Cancer Center) RFIDを利用して消耗品の全在庫を管理する統合システムと方法論を作り出したこと

最優秀RFID導入賞 物流/サプライチェーン部門
• ジェルダウ (GERDAU) RFIDシステムを利用してコストを削減し生産性を上げたこと
• マロキネラ (Marroquinera) RFIDシステムを利用して商品在庫のリアルタイム情報をタイムリーに提供し、経営陣が在庫品の生産や購買、保管や出荷のより良い意志決定を下す助けとしたこと
• yテルニウム (Ternium) RFIDを利用して完成した鉄材のトラッキングを行い商品の保管、積み込みから出荷までを最適化したこと

RFIDジャーナルイベント
Live Events Virtual Events Webinars
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2017 Emerald Expositions, LLC. All Rights Reserved. Terms of Use | Privacy Policy
搭載: Haycco