NFC技術、クレジットカード、デビットカードの決済に対応した一体型POSソリューション

Connect&GOとMobeewaveが提供するこのシステムは、今週開催された「South By Southwest」(サウス・バイ・サウスウエスト)フェスティバルのQuebec Sugar Shackにおいて、NFCリストバンド、クレジットカードまたはデビットカードによるドリンクの購入に使用された。すべての決済方法において、同じモバイルPOSデバイスを用いて読取りが行われた。
著者 Claire Swedberg

また、スタッフたちが参加者とともにカメラで写真を撮る姿もみられた。そして撮影後には、Famocoのリーダーを使用して撮影したすべての人のリストバンドを読み取ると、Bluetooth接続を介してデータがカメラに送信され、さらにWi-Fi接続によりConnect&GOのサーバーに伝送される。

サーバーでホストされているソフトウェアによって、写真はリストバンドの着用者のメールアドレスに転送され、また、アカウント情報を提供した人については、そのソーシャルメディアのページにも写真が投稿された。さらに、往復航空券2枚と5月に開催予定の C2 Montreal Conferenceへの参加権が獲得できるコンテストの参加者の審査にも、このシステムが使用された。

このリストバンド技術は、大勢の来場者の流れを管理することにも活用された。2,000本のリストバンドが配布されたが、会場で一度に収容できる参加者の人数はわずか800人だった。このように大勢の人々を追跡するには通常、クリッカーデバイスを使用した手作業によるカウントが必要になるが、NFCリストバンドの使用により、出入りした人の人数をシステムが自動的にモニタリングし、パーティー参加者の人数をリアルタイムで把握することができた。最大収容人数に達すると、システムによってFamocoの読取機でスタッフに警告が発せられ、別の参加者が退場するまでは新たな入場が許可されることはなかった。

Connect&GOとMobeewaveは、SXSWのイベントに先立ち、モントリオールのイベントでいくつかのキャッシュレス決済サービスの試運用を実施していた。現在、複数の企業が今後イベントでこの技術を採用することについて検討を開始しているとPalemoは述べる。

リストバンドを使用した支払いによって、消費者の購買量は平均30~40%増加することが示されているとPalermoは語る。このことから、POSシステムの方法としてこの技術は普及するだろうとPalermoは付け加えた。

RFIDジャーナルイベント
Live Events Virtual Events Webinars
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2017 Emerald Expositions, LLC. All Rights Reserved. Terms of Use | Privacy Policy
搭載: Haycco