RFID Journalが航空防衛産業へのRFID採用を加速すべく教育をほどこす

同社は10月20日にカリフォルニア州ロングビーチで航空防衛産業向けRFIDのイベントを開催
著者 RFID Journal
Sep 28, 2016

RFID Journalは本日、同社が主催する航空防衛産業のRFID 2016カンファレンスおよび展示会を10月20日、カリフォルニア州にあるロングビーチ・コンベンションセンターで開催すると発表した。この単日イベントの前日には、RFID4U社が提供するファストトラック RFID 講習会も併せて開催される。

この産業分野でのRFID導入のニュースが最近増えてきている中、今回のイベントでは、顧客からの要求に応じまた社内での同技術の利用促進を図って関連企業が大きな成果を得る助けとなることを狙っている。

「RFIDは、ボーイング (Boeing), エアバス (Airbus) などの大手企業や米国防総省ばかりではなく、その周辺の多くの企業にも価値をもたらしています」とRFID Journalの発起人で編集長を務めるマーク・ロベルティは語る。「このイベントは、部品や製品にタグ付けを要求されている多くの企業が、RFID技術をどのように自社の利益に結び付けていくかを学ぶ絶好の機会となるでしょう。」

すでにRFIDを導入しているデルタ航空合衆国空軍ノースロップ・グラマンなどの企業から事例研究が発表され、出席企業はそれぞれのニーズに応じた最善の技術を知り、先行他社の成功事例に学ぶことができる。

このイベントの前日の10月19日には、RFID4U社により、先進のファストトラック一日講習会が開かれ、講義に続き実践に即した実習を受けられる。この講習は、RFIDプロフェッショナル・インスティチュート認定アソシエイツの資格試験の受験準備となる。オンライン受験の受験料も受講費に含まれている。

参加者はまた、このイベントに出展する一流のRFID各社と出会うチャンスに恵まれ、導入に向けて最適な技術を見つけることができる。カンファレンスの全アジェンダと出展者リストは同イベントのウェブサイトwww.rfidjournalevents.com/aeroで閲覧できる。

  • ページ
  • 1
  • ページ
RFIDジャーナルイベント
Live Events Virtual Events Webinars
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2017 Emerald Expositions, LLC. All Rights Reserved. Terms of Use | Privacy Policy
搭載: Haycco