アラスカ航空の乗客が手荷物に電子タグをつけて実用化試験に参加

この航空会社は、同社を頻繁に利用する乗客500名を選んでヴァンガードID社製ビュータグの実用化試験を行っている。これは電子ぺーパーの表示板、Bluetooth Low Energy無線チップとパッシブ型UHF帯RFIDの薄膜が組み込まれたタグだ。
著者 Claire Swedberg
タグ: Aerospace
Apr 20, 2016

アラスカ航空 (Alaska Airlines) は、同社を頻繁に利用する乗客500名を選んで、チェックイン時の処理の高速化を図るためのハイテク型手荷物用タグを提供している。この航空会社が使うのは、ヴァンガードIDシステムズ (Vanguard ID Systems) 社製のビュータグ (ViewTag) で、電子ペーパーの表示板、Bluetooth Low Energy (BLE) の無線チップとパッシブ型EPC Gen 2極超短波 (UHF) 帯RFIDの薄膜を内蔵している。2016年の11月には試験結果を解析して、このビュータグの利用をそのまま継続するか、より多くの乗客へと利用範囲を広げて行くかを決断する予定だ。

このビュータグは、多くの航空会社が乗客の預け入れ手荷物を識別し追跡管理するために現在利用しているバーコードのついた一回限りの紙の手荷物用ラベルに替わるものとして、いくつか形状を変えながら、この10年余り利用されてきた。電子式でさまざまな情報の詰まったタグで、繰り返し利用でき、乗客が手荷物のチェックイン時に長い列に並ばなくても済み、また航空会社側が多くの手荷物をより良く仕分けられることを狙っている。このビュータグの最初の型には、NFC (近距離無線通信) とUHF帯RFID技術、それに乗客の目的地を表す3文字の空港コードを表示する電子ペーパーの小型スクリーンが付いていた (RFIDジャーナルの過去の記事Reusable Electronic Baggage Tag Powered by RFIDを参照)。アラスカ航空が現在使っている最新型の特徴は、より大型化された電子ペーパー表示板であり、さらにブルートゥースの無線チップが付いていて、利用者は手持ちのスマホ上のアプリからタグと交信でき、そのスマホに内蔵されたブルートゥース技術を利用して、たとえば便名や目的地などの旅行に関する最新情報がテキストやバーコードの形で表示されるのだ。

ヴァンガードIDシステムズ社製ビュータグにはパッシブ型UHF帯マイクロチップが組み込まれ、航空会社側は手荷物を識別して追跡管理し仕分けができ、また、電子ペーパーのスクリーンも付けられていて、乗客の便名と目的地の空港を文字とバーコードの両方で表示する。
ビュータグの最新型にはNFC用無線チップも内蔵され、電子ペーパーの表示板上に表示される旅行情報を随時更新できるようになっている。ただし今のところ、iOSのデバイスはこのNFC機能に対応していない。

ここ数年の間、ヴァンガードID社は、CXラボの名で知られるアラスカ航空顧客研究所との協力関係にある。この組織は、空の旅で起こりがちな諸問題を軽減するため、2013年に作られた。空港での待ち時間の短縮もプロジェクトの一つだ。既に指紋認証付き搭乗券やバイオメトリクスを利用したIDをテストしており現在は手荷物の運搬状況をより良くトラッキングする方法の開発をめざしている。

この航空会社がビュータグのテストを始めたのは昨年夏、従業員と乗客からそれぞれ50名を選んでこのタグを与えた。「これまでのところ、このタグのテスト結果は従業員からも乗客からも好評です」 と、アラスカ航空の顧客研究所マネージャーのルーシェ・デグルーンは語る。「全体的には、従業員テストも50名の乗客テストも成功を収めました。その結果を踏まえて、この夏にはテスト対象の乗客を500名に増やす予定です。」

この航空会社は、すでに乗客のチェックイン用のアプリを提供しており (Google PlayiTunesから入手できる)、同社を頻繁に利用する乗客のうち500名にはビュータグが与えられて、アプリを用いてチェックインが済ませられる。ヴァンガードID社の社長兼CEOのリチャード・ワーサーによれば、このタグの寸法は縦横約5cmと7.5cmで、耐久性の高いナイロン製の紐で手荷物に取り付けられる。このビュータグはブルートゥースの無線チップを内蔵しており、タグの電源が入るとスマホやタブレットと交信できるようになる。(このタグの電池は、通常3年から5年ほど持続する。)

RFIDジャーナルイベント
Live Events Virtual Events Webinars
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2002-2017 RFID Journal LLC.
搭載: Haycco