ニュース 編集者注

ニュース

汎用的なタイヤ用ラベルがほぼすべてのタイヤの読み出しに高い信頼性を誇る

フェルムRFIDソリューションズ社製の汎用タイヤトレッド用ラベルは、タイヤのトレッドに張り付けて、たとえ金属製のラックに入れられても、サプライチェーンでの動きをトラッキングするように設計されている。

オーストラリアの苗床会社が農業分野のIoT専門会社の助けを借りて利益を増やす

キャメロン苗床社の人事報告によれば、Libelium社製無線センサーを使ったAgnov8社製ソリューションの導入により人為ミスの検知が向上し生産高の増大に繋がった。

NFC対応のスマート・ジャケットにギフトやキャンペーンが付いてくる

ロシャンボーのジャケットBright BMBRは、EVRYTHNG社スマート製品プラットフォームを用いて開発したエイブリィ・デニソンRBIS製のJanelaソリューションを使った最初の商品であり、RFIDやNFC、バーコードのラベルによって商品に知性を加えることができる。

IoT技術の大がかりな採用が最新の調査で明らかになった

IT関連および一般企業の経営責任者3,100名に対するインタビューに基づくこの調査で、IoT (モノのインターネット) が広範囲の企業や組織に採用される (または採用されない) 理由が調べられた。

RFID Journal LIVE! 2017の冒頭を飾る8つの事前カンファレンス

今年のトピックスは、エネルギー業界、小売り業界およびITの専門家向けのコンテンツに加え、医療機器のトラッキング方法、倉庫管理ならびに在庫管理となっています。

ゼブラ・テクノロジーズの調査によれば、世界の小売業者がRFIDをはじめとするIoT計画を持って前進

同社の「小売業者のビジョン調査」によれば、調査対象の世界の主な小売業者1,700社の多くが、棚卸の精度と顧客サービスの向上をめざし、今後の4年間でRFIDをはじめとする新技術の導入を進めていく予定だ。

無線自動識別装置(RFID) が燃料監視システムをモノのインターネットに接続した

様々な国の顧客が、このソリューションを採用し、燃料の計量管理が改善したと報告している。

ビーコン技術の新会社が航空機内のエンターテインメントや銀行内の情報化を促進

ドイツのホテル用アプリのメーカーConichiからスピンオフしたConichiwaが、ビーコン通信を利用して個人や商品を認識し、それによりサービスの個別対応化と効率の向上を図るシステムを提供している。

フィッシャーズ市が技術革新を求めてIoT研究所を発足

IoT研究所フィッシャーズは既に50の参加企業を集め、IoT (モノのインターネット) に関する研究開発を進めて製造業や農業、運輸業に貢献すべく、この夏に開所する予定だ。

RFIDジャーナルイベント
Live Events Virtual Events Webinars
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2002-2017 RFID Journal LLC.
搭載: Haycco