ニュース 編集者注

ニュース

欧州のスポーツウェア小売業者、RFIDをスマート試着室に採用

Detegoの開発したシステムにより、同社の既存の在庫管理ソリューションがRFID付き試着室、タッチスクリーンと従業員の着用するApple Watchを備えて更に強力なものとなり、提供される製品固有のコンテンツを元に、買い物客が試着室から商品をリクエストできるようになった。

SMLの分析によれば小売業者のRFID導入率はわずか4%から8%にすぎない

この調査によれば、試験運用を始めた企業はやがて本格運用を進めており、小売業界ではオムニチャンネル販売が起爆剤となってRFIDの導入が今後も着実に進むと見られる。

Tags: Retail
小売業者がIoTを使って顧客満足体験の向上を図る

Zebra Technologies Brazil社が実施した調査によれば、小売企業の70%までが、IoT (モノのインターネット) 関連技術に投資して、顧客に新たなレベルの個人別対応を提供し、対応の迅速化と利便性の向上を進める計画だ。

今年で11年目を迎えるRFID Journalアワードの最終候補が決定

RFID Journalより、同社主催の2017年度アワードの最終候補者が発表された。受賞者はアリゾナ州フェニックスで5月9-11日に開催される今年のLIVE!イベントで発表される予定。

あらゆる業界から代表的企業がLIVE! 2017に結集

世界中のあらゆる産業セクターを代表する企業の経営者や専門家たちが、アリゾナ州フェニックスで5月9-11日に開催されるRFID Journal社主催のカンファレンス・エキシビションに参加する。

工場がオーダーの完了時間を20%削減

個人用保護具を製造・販売するLealはTotvsの経営資源管理システムと併せてPC SistemasのRFIDを採用した。

ポーランドの小売店チェーンが食品の温度を管理するためにRFIDを活用する

Eurocash 社は、製品の品質確保とコスト削減を目的として、アクティブ型 UHF (極超短波) を利用したBlulog 社製データロガー・システムを200棟ある自社倉庫とその他の施設に設置している。

RFID技術で実店舗にオムニチャネルを構築

イタリアのStore of the Futureの店舗では、カスタマーは一足の靴を履いてみると同時に、その靴やその他の類似した靴のコンテンツを自動的に閲覧することができ、店に無い製品を選んでオンラインで購入することも可能だ。

RFIDが飲料の注文をあらゆる場所へ配達する

テクノロジ―系スタートアップ企業・Shotputのシステムは、販売および在庫補充の自動化を提供する目的で、消費者が無線自動識別を備えた携帯ユニットから飲料その他の製品をアプリベースで注文することを可能にする。

RFIDジャーナルイベント
Live Events Virtual Events Webinars
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2017 Emerald Expositions, LLC. All Rights Reserved. Terms of Use | Privacy Policy
搭載: Haycco