ニュース 編集者注

ニュース

Zebra Technologiesは、2022年までにメーカーの60%以上がRTLSやRFID、バーコード追跡を使用しているだろうという。

同社の「2017 Manufacturing Vision Study(メーカー展望研究2017)」は、メーカー全体の半数以上が今後5年間に自動位置追跡システムの実装を計画しており、パッシブ型RFIDの使用は半数近くになることを示している。

ニュージーランドの農場がIoTを使って水とエネルギーの消費を削減

シュナイダーエレクトリック (Schneider Electric) の技術を使用したWaterForceのSCADAfarmシステムにより、牛、羊、野菜の生産者であるBlackHills Farmは、水のレベルと作物の状態を遠隔監視し、いつでもあらゆる場所で正しい量の水を供給できる。

EVERYTHINGとエイブリィ・デニソンRBIS、消費者向けQRコードデータをEPC RFIDと結合

アクティブ・デジタル・アイデンティティのソリューションによって、RFID経由で使用したり、消費者がQRコードの読み取り可能なスマートフォンからアクセスできたりするようなGS1標準のラベルを、ブランドや小売業者が作成できるようになる。

NXPが小売業界におけるRFID活用のグローバルな主要トレンドを読む

NXP Semiconductorsが小売市場向けの無線IDタグの主要なトレンドを明らかにする。

RFIDを利用したポケットソーターシステムが配送センターで数百万点の商品を運搬

SSI Schaeferの新しいSSI Carrierソリューションは、数十万の商品を毎日単一の拠点に受け入れ、保管し、配送するために世界の大型配送センターのいくつかですでに使用されている。

RFIDジャーナル開催の欧州での第13回年次イベントの登録を開始

ロンドンで11月16日(11月15日に認証研修)に開催される「RFIDジャーナル ライブ!ヨーロッパ」は、欧州全体での事業運営を改善する上でのRFID採用の利点に着目したものとなる。

Bauarte、可視性と顧客満足体験へ投資

受け取り、販売、移転について、このブラジルの企業の元にある全商品はRFIDでタグ付けされることで、棚卸しに管理能力とトレーサビリティをもたらしている。

RFIDジャーナルがニューヨーク市で小売・アパレル業界におけるRFIDイベントを開催

2017年9月26日に全日を通して開催のカンファレンスは、小売業者とブランドオーナーがRFIDの採用により得られる利点を知る一助となることを目指したものだ。

Impinjが最新型リーダーを用いてより小型化、カスタム化の進んだRFIDの導入を図る

Speedway R120 RAIN RFIDリーダーは1ポートしか持たないが、とにかく単体の固定型リーダーを必要としている、小売業をはじめ医療、物流などの業界に適合した製品だ。

RFIDジャーナルイベント
Live Events Virtual Events Webinars
ヘルプ RFIDジャーナル日本について 広告掲載について 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
© 著作権 2017 Emerald Expositions, LLC. All Rights Reserved. Terms of Use | Privacy Policy
搭載: Haycco